4月の出張報告


 

あっという間に5月ですね。

 

しかし4月も出張が多かった。
日本、タイ、モンゴル、ハワイの4か国で、
それぞれ不動産の打ち合わせやら、物件視察やら、税理士との打ち合わせやら、
なんだかんだで本当にあっという間に過ぎました。

 

日本では私が管理させて頂いている資産管理会社の打ち合わせがメインで、
あとはお客様との面談を可能な限り対応。
ちょうど桜も見れました。

 IMG_6672

IMG_6689

ホタルイカの刺身。
漬けじゃないものなんて、NZでは絶対にお目に掛かれない代物です。

IMG_6669

オーパスのこの年代は珍しいと思います。
味も香りも素晴らしかった。

 

IMG_6690

IMG_6692

IMG_6693

 

タイではいつもの進捗会議と新案件のデューデリ。
最近はもっぱらホテルの会議室を利用していますが、
エアコンの温度をMAXにしても冷蔵庫の中の様な寒さ。
バンコクでは温暖化防止など全く無視、といった感じです。

IMG_6667

IMG_6666

 

モンゴルでは、1年ぐらい前から投資している物件の完了検査。
さらに、新案件のデューデリと業者との会議。

IMG_6673

決して恵まれた環境にあるとは言えないモンゴルですが、
外貨を呼び込む政策がここ数年その成果を上げているように思います。

IMG_6674

現在進捗中の案件も、
ウランバートル市と提携したり、担保物件をしっかり確保したりして、
投資スキームとしては非常に手堅いものになりました。
決済がUSDで行えるというのもメリットの一つです。

 

IMG_6676

モンゴルのビール結構おいしいです。

IMG_6678

 

 

ハワイでは物件視察をして、入札を1件入れました。
2億円ぐらいの物件でしたが、世界各国からの投資家が入札した物件でした。

 IMG_6751

IMG_6752

IMG_6755

IMG_6769

IMG_6802

 

ビーチフロントの物件はもはや世界一希少価値が高いと言ってもいいでしょう。
そのような物件は通常の取引では買えず、入札形式になりつつあります。
もちろん激しく値下がりしている物件もありますので、
かなりの不動産知識と調査能力がなければ、
カモられる世界であることには違いありません。

 

沢山の投資物件を視察しましたが、数件いいものがあったので、
入札物件とは別に、2,3件オファーを入れる予定です。

 

米ドル回帰が進む今、リスクヘッジとして不動産を米ドルで保有する、
という流れが、世界中の投資家の常識になっている気がしますね。
(※弊社の会員様には後日詳細のレポートを公開します。)

IMG_6771

IMG_6773

 

ハワイで人気ナンバー1のイタリアン「アランチーノ・アット・ザ・カハラ」
お客さんはほぼ日本人なので、程よい量で提供されます。
ポスピタリティもほどほど。

 IMG_6813

 ハワイではやっぱりカリフォルニアワイン。
ケイマスのスペシャルセレクトはどのビンテージもうまい。

 

さて、次の出張は6月なので、今月はNZでちょっとゆっくりできそうですが、
日本からのお客様も定期的に来られるので、その対応もボチボチと。

 

 

 



この記事が良いと思ったら→ 


タグ:, , , ,