海外口座を開設する目的


 

海外口座を開設をする「目的」は人それぞれですが、 
皆さん「日本に対する危機感」を共通して持っているという事は共通しています。

 

日本はあまりにも多くの問題を抱えすぎています。
政治家の汚職は未だにワイドショーのネタになっていますし、私達の積み立てた将来の為の貯蓄、
つまりは年金も 国から召上げられてしまう可能性が高くなってきました。
いつ北朝鮮からミサイルを撃たれるのだろうと恐怖に怯えながら暮らさなければならず、
頼みの綱のアメリカも今はしらんぷりです。

 

そんな事にいい加減うんざりし 「日本に対する危機感」を抱く国民が急速に増えています。
口座開設をする目的は様々でも、キッカケとなったのは日本に対する「危機感」からだと多くの方が言われます。
つまり「自分の身は自分で守らないといけない。」
本当にそう思わざるを得ないようになってきたのだと思います。

 

「卵は一つのカゴに盛るな」という格言があるように、 リスクを分散する事は欧米では当たり前の事です。
今までは、海外での運用や投資がリスクだと言っていた人も
今では日本のみの運用や投資がリスクだと思い始めました。
この危機感に気付く人と気付かない人とでは 後で大きな「」が間違いなく出ます。

 

気付いた人だけが通る事ができる「扉」があります。
鍵は掛っていないのに鍵が掛っていると思い込んでいる人が大勢います。

 

 



この記事が良いと思ったら→ 


タグ:, , , ,